ログイン

メールアドレス
パスワード
ホーム>高く・早く売るノウハウ>その他>「両手仲介=悪」という指摘に感じる悪意 片手だと高く早く売れる?

「両手仲介=悪」という指摘に感じる悪意 片手だと高く早く売れる?

  • 2015年08月21日更新
  • 496views

2015年現在、両手仲介が悪、という記事を良く目にするようになりました。両手仲介とは、1つの不動産会社が、売主と買主の双方を担当し、双方から仲介手数料を頂く形の契約形態を言います。両方から手数料を頂くから両手仲介です。

我々としては、「問題点はそこなのか?」という疑問を抱かざるを得ません。何が問題なのかということと、どうすれば解決するか、という点について下記の通り順序立てて解説していきます。

1両手=悪ではなく、物件の囲い込みという行為が悪

2専任媒介ではなく、一般媒介にすれば解決する

3不動産会社に任せっきりにせず、しっかりと知識を得たうえで協力しながら売却する

1両手=悪ではなく、物件の囲い込みという行為が悪

良く見る両手が悪、という記事を読めば解るのですが、両手仲介そのものではなく、両手仲介を狙って物・・・

売却査定の前にの人気ノウハウ

不動産売却ノウハウテゴリ一覧
ノウハウがいっぱい!人気順でも探すことができます